IPAのシン・テレワークシステムを使ってみた(前半)【2021年版】

昨年(2020年)5月にこの記事を書きましたが、その後、無償期間が延長され、最低限2021年10月31日まではこのまま無償で利用できるようになりました。

この仕組みを使うと、高価なVPNの機材などを導入しなくても、すぐに利用できるため非常に便利です。
是非ご活用下さい。

私は、外出先や自宅においてノートパソコンから会社のデスクトップに接続し、社内のサーバーにあるファイルや、会社のデスクトップPCからでないと作業できないことに活用しています。

NTT東日本とIPA(情報処理推進機構:経済産業省の外郭団体)が実証実験をしている「シン・テレワークシステム」を使ってみました。

プログラムは次のバージョンを使っています。

2020/05/14 公開版 Ver 0.15 (Beta 5) ビルド 9791

 

まずは、会社のパソコンに次のURLからプログラムをダウンロードします。

ダウンロード

いくつかありますが、通常はフルパッケージ版をダウンロードします。

プログラムのインストール

インストーラーを実行すると次の画面になります。


次にインストールするプログラムの選択になりますが、一番上の「シン・テレワークシステム サーバー」を選択します。








初期設定



コンピュータIDは変更可能です。

続いて、セキュリティの設定をします。


左上のパスワードのみの設定が初期値になっていますが、
ここは「高度なユーザー認証機能を使用する」にチェックを入れて、「ユーザーの管理」を選択します。


登録されているユーザー一覧が表示されますが、もちろん最初はありません。
「新規作成」を選択します。


ユーザー名、本名、パスワードを設定します。

入力した内容は忘れないように、何かにメモっておきます。


さらに右上のワンタイムパスワード認証の設定をします。


ワンタイムパスワード認証は、外出先のパソコンからこのパソコンに接続をしたさいに、ユーザーIDとパスワードの入力後、さらに認証をするためのものです。

外出先で受け取れるメールアドレスを設定します。

OKを押すと、元の画面に戻りますので、OKをクリックしてサーバー側(社内のPC)の設定は完了です。




続いて、クライアント側の設定です。


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ