IT導入補助金 2019

今年も"IT導入補助金"がスタートします。

IT導入補助金は、経済産業省がだしている補助金制度です。

昨年度は、補助率1/2、補助上限額50万円でした。

金額が少なかったため、簡単なホームページ制作やパッケージソフトの導入にしか使えませんでした。

システム開発会社にとっては使いにくい補助金だったため、予算が1/3くらいは余ったのではないかと思われます。申請したらほぼ100%通りました。

 

今年度はなんと、補助率1/2、補助上限額450万円となっています。

簡単なホームページには使えませんが、ネットショップの構築や、CRMなど業務系のシステムと連携したホームページなら利用可能です。

 

当社は昨年に引き続き、今年もIT導入支援事業者として登録されています。

IT導入でお困りの方はお気軽にお声がけください。

 

IT導入補助金サイト

 


ホームページは写真が大切

ホームページ作りにおいて、写真は重要です。

当社では、お客様のご希望により、プロのカメラマンと私が撮影したモノとを使い分けています。

私はプロのカメラマンではありませんが、ホームページ制作者の視点で撮影し、スタッフが編集した写真をホームページに利用しています。

以下はこれまで私が撮影してきた事例です。


大須観音様


夕暮れ時に撮影しております。
このため、本堂が夕日にそまって綺麗な朱色になっています。
背景のマンションや階段にいた人をPhotoshopで消しています。


撮影したそのままの写真

加工後


大須観音様ホームページ
http://www.osu-kannon.jp/


居東屋様


夕暮れ時(マジックアワー)に撮影した玄関。
昼間ですとショーケースが綺麗に出ないのですが、夕暮れ時に撮影すると
ショーケースや店内の照明が綺麗にでます。


夕暮れ時の玄関

2階吹き抜けから1階店内の撮影

天井


居東屋様ホームページ
https://www.nagoya-itoya.com/

楽天市場店
https://www.rakuten.co.jp/nagoya-itoya/


卵卵ふわぁ~む様


ネットショップ用に写真を加工しています。


撮影したそのままの写真

加工後


卵卵ふわぁ~む様ネットショップ
http://ranranfarm.com/


撮影したそのままの写真

加工後


鳥さわ様


焼き鶏の調理風景はシビアな撮影でした。
短い時間のあいだに、美味しそうに見える瞬間を捕らえて撮影します。



鳥さわ様ホームページ
http://www.朝日屋.com/torisawa/


ゆたか歯科様

撮られ慣れていない人にカメラを向けるとこわばった表情になるのですが、こちらは自然な笑顔で撮影ができています。


撮影したそのままの写真

トップページ用に編集


ゆたか歯科様ホームページ
http://www.yutaka-shika.com/


小島智史法律事務所様


弁護士なのでちょっと堅めに撮りました。


撮影したそのままの写真

当社事務所で撮影しています


小島智史法律事務所様のホームページ
http://www.lawyer-kojima.com/


下から撮影すると力強いイメージがでます。


山宝様


機材を持ち込んで出張の商品撮影もしています。


商品撮影

ビデオ撮影


山宝様ホームページ
http://www.kk-sanpou.com/


クノコーポレーション様

主に求人用としてホームページを作っているため、働いている社員様の元気な姿を表現できるように撮影しました。



クノコーポレーション様ホームページ
http://www.kunocorp.co.jp/



Windows Update がエラーになった時の対応方法

自分のノートパソコンのSSD(ディスク)を容量の大きなモノと交換したので、Windows10をクリーンインストールした。
Windows Update を進めていったところ途中でエラーがでるようになり。
それ以上更新ができなくなってしまった。

マイクロソフトのサイト内にそれを解決するページがあったのでご紹介します。

Windows Update 問題を修正する
適用対象: Windows 10Windows 8.1Windows 7
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/10164/fix-windows-update-errors


ますます手が込んできたフィッシングサイトに注意

フィッシングサイトとは、例えば銀行のネットバンクなどの偽のホームページを表示して、そこにログインするための情報を入力させ、ログインIDとパスワードを盗むようなサイトの事をいいます。
もちろんその後は、そこから盗んだIDで送金を行い、知らないうちに口座の残高がなくなっています。

ずいぶんと前からこの手口はあり、海外から無差別にくるメールにそのフィッシングサイトに誘導する内容の文章が書かれており、クリックすると銀行のサイトにそっくりなページが表示される仕組みになっています。

銀行側はこれに対応して、ワンタイムパスワードというIDとパスワード以外にスマホなど別の装置を使って、その都度発行されるパスワードをさらに入力しないと振込ができないような仕組みになりました。

フィッシングサイト側も、さらに段々と手が込んできて、わかりずらくなってきました。


「ますます手が込んできたフィッシングサイトに注意」の続きを読む