Web活用に関する補助金

緊急コロナ対策で、中小企業を支援する補助金の申請受付が今週末より始まります。

もともと昨年末の時点で、3種類の補助金で3年間で3600億円という予算が組まれていましたが、今回のコロナ騒ぎで売上減少になっている企業が増えてきており、これに対応する為の販売促進やテレワーク対応などの投資に対して加点対象となっています。


2019年12月経済産業省発表資料より

1.小規模事業者持続化補助金

補助額50万円を上限に、販路開拓事業にかかった費用の2/3が補助されます。

つまり、Webサイトやチラシなどの販促費用として75万円かかったとして、50万円が国から支給されます。

小規模事業者持続化補助金は6・7年前からありますが、昨年は結構な確率で採択されていました。

それは一昨年にIT導入補助金が9割くらいの確立で採択されたので、昨年は小規模事業者もIT導入補助金の申請に流れ、持続化補助金の申請件数が減ったのが原因でした。

申請には、事業計画の作成と商工会議所の指導を受ける必要があります。

小規模事業者持続化補助金HP

2.IT導入補助金

持続化補助金は販路開拓が目的でしたが、IT導入補助金は生産性向上が目的です。

補助額は30万~450万円、補助率は1/2です。

一昨年は、Webサイト構築だけでこの補助金が受けられましたが、昨年から駄目になりました。

売上アップの為のMA(マーケティングオートメーション)などのツールを導入し、それと連携したホームページの構築は採択されました。また、ネットショップの構築も採択されます。

IT導入補助金は申請作業がWebから申し込むだけなので、手続きが簡単でお勧めです。


IT導入補助金HP


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ