CSplusとは、弊社がお客様に提供するサービスにコンサルティングサービスをプラスするという意味で付けられています。


取締役社長 小柴光司


サラリーマン時代


私がサラリーマン時代、会計ソフトの営業をしていました。(営業になる前はそのソフトの開発をしていました。)ある時ソフトのデモをさせていただいた中小企業の社長さんから「このソフトを導入すると売上があがるの?」と言われました。

もちろん会計ソフトを入れて売上が上がるわけはありません。
細かく経費をチェックして経費の削減になるかもしれません。あるいは年間の売上計画をしっかりとたて、毎月目標を達成しているかの管理に利用できれば、結果として売上があがるかも知れませんが、会計ソフトを入れた事が直接売上に影響する事はありません。

ITコーディネータ

社長のお仕事の話を聞いていると、パソコンをうまく活用すれば売上アップになるかもというアイデアは浮かびました。
 
しかし、会社ではそのようなサポートはしていないため、ご提案はできません。
 
そのような事を日々感じながら仕事をしていたときに、ITコーディネータという制度が経済産業省の主導でできてきました。(ITコーディネータは中小企業のためのIT活用のアドバイザーです。)これだと思って会社を辞めて独立しました。

ホームページ制作

資格は取ったものの、中小企業に対してアドバイスだけでお金を頂くのはなかなか難しく、中小企業の社長が興味を引くようなサービスはないかなぁと思って始めたのがホームページ制作でした。

実際に始めて見ると、ホームページを立ち上げて「売上アップになったよありがとう」というお話しをちょくちょくいただけるようになり、今日に至っています。

企業にとってホームページは、ますます重要な営業ツールとなっていますのでお客様のご期待に答えられるように日々研鑽しています。


お客様の声