IE脆弱性のアップデートがされたか確認する方法

ゴールデンウィーク中にIE(インターネット・エクスプローラー)の脆弱性が見つかり、大きな問題になった。


IPA(独立行政法人情報処理推進機構)からの案内


これまでもこのような脆弱性の問題は発見されては更新されていたが、今回は、過去のWindowsXP時代から利用されていたIE6から最新のIE11まで共通の脆弱性で、発見されてからマイクロソフトが対応するまでの時間も5日と長かった。

本日配信が開始されて、インターネットにつながったパソコンなら自動でプログラムが更新されるが、自分のパソコンが更新されているかどうか不安という人のために、以下がその確認方法です。

Windows 7 の場合

スタートメニューからWindows Updateを呼び出します。


左側のメニューにある「更新履歴の表示」をクリック


KB2964358 という更新プログラムがあればオッケーです。

Windows8.1の場合

Windows8になって windows update の画面を簡単に呼び出せなくなりました。

マウスを右上に持って行くと次のようなメニューがでてきます。

「設定」をクリック


次のメニュー画面で、右下にある「PC設定の変更」をクリック


今度は左のメニューから「保守と管理」をクリック


ようやくでてきた「Windows Update」をクリックし、「更新履歴を表示する」をクリック


一覧の中に「KB2964358」 という更新プログラムがあればオッケーです。



RelSummary MODULE

記事が見つかりませんでした。