IT活用とは

中小企業・零細企業にとっても、今やIT活用は無くてはならないものです。

 

ITと言っても幅が広いですが、目的によって大きく分けると以下の様になります。

 

1)業務効率の改善の為のツール(OA化)

コンピュータシステムになります。

同じ事の繰り返し作業をコンピュータに行わせることによって、事務作業の効率化を図ります。
この効率化の仕組みが競合他社に無いものになり、業務処理のスピードが競争優位の条件になった場合、次の売上アップの為のツールとしても機能します。

 

2)売上UPの為のツール

ホームページ。

仕事で何かを探そうと思うと、ほとんどの人がYahooやGoogleでホームページを検索すると思います。

ホームページは自社の商品やサービスをアピールするための重要なツールです。

 

3)コミュニケーションツール(ICT)

携帯、Email、ブログ、掲示板、SNS

20年くらい前、仕事でお客様や同僚とコミュニケーションを取るためのツールとしては、電話とFAXでした。

 

そこに携帯電話が普及し、パソコン通信によるEmailも広まってきました。

1995年にWindows95がインターネットを標準でサポートする様になって、インターネットが広まり、業務でEmailを使うのも当たり前の時代になりました。

 

現在はさらにインターネット上のサービスがどんどん増えてきている状態です。

 


投稿者名 管理者 投稿日時 2010年12月31日 | Permalink